イサラの住まい自由帳

住友林業で2018年9月に竣工!家づくり・住まいの備忘録を綴っていきます。

我が家の仕様について(三種の神器 編)

「三種の神器」

 

すみりんブログを読んでいるとかなり頻繁に目にするこの単語。

 

おそらく住友林業らしさの出る「3つの提案工事」という意味で使われているようなのですが、この言葉の浸透率たるや、最初目にしたときは公式の表現なのかと思ってしました。

 

あくまでもすみりん施主内の俗称のようです。笑

 

しかし、これまた上手なネーミングだなと思いました。

「神器」ですよ「神器」!思わず採用したくなっちゃいます。笑

 

ご多分にもれず、3つとも採用した我が家の提案工事を紹介させていただきます。

(ちなみにこの「三種の神器」、ブログによって内容が多少変わります。)

 

(入居後のレビューも書いています。ぜひご覧ください。)

 

ウッドタイル 

住友林業のウッドタイルは大きく2種類あるようです。

f:id:BONBOOON:20181006111258j:image

 

一つ目は上のタイルに凹凸があるタイプ。

我が家が採用したのはこちらのパターンです。


f:id:BONBOOON:20181006110947j:image

 

 

当初はほこりがつもるとネガティブなコメントもありボーダータイプにしていたのですが、やはり間接照明の当たった時の陰影がすごく魅力的で結局こちらを採用しました。

定番のテレビ裏には間接照明とともに、玄関は収納の上部分と少しだけ採用しています。

 

二つ目は下のボーダータイプ。


f:id:BONBOOON:20181006111137j:image

こちらもすごくかっこいいですね。
契約する直前にいったモデルハウスの玄関壁一面にこのタイルが貼られているのをみて、木質タイルの豪華さに圧倒されました。そこでウッドタイルの採用が決まりました。

やはりウッドタイルがあるとグッとすみりんらしさがでてくるなと思います。

 

 

格子スクリーン

我が家では階段と和室の間に使用しています。

(間取り等ついてもおいおい書いていきたいと思います。)

f:id:BONBOOON:20181006110956j:image 格子というと目隠しのイメージですが、我が家の採用方法としては、アクセント壁と効果は同じなのかなと思っています。ここだ!というところがあればぜひ採用したい提案工事です。

まぁ格子ではなく壁でいけないのかと言われると、絶対に格子である必要は。。。うーん、いまのところ絶対おすすめというところまではきていません。

階段の抜け感や空間のつながりとしてひとまずは採用してよかったと思っていますので、使用感も含めてまた改めて書いていきたいと思います。

(というのも、紆余曲折あり竣工済みにもかかわらず、まだ格子の取り付け工事が終わっていません。笑 工事が終わり次第WEB内覧会もやろうかなと思います。)

 

ハーモシーリング

LDK天井に採用しています。

カタログで初めてみた際は「ハーモシー」「リング」だと思っていました。ハーモニー的な。。。笑

他の方のブログでは間接照明とセット、場合によっては軒天への続きまで意識して採用されている方が多い印象です。

 f:id:BONBOOON:20181006111019j:image

我が家もご多分にもれず、間接照明とセットで採用したのですが、設計さんの提案でLDK天井の半分以上をハーモシーリングにしています。当初は和室天井のみだったのですが、提案いただくたびにどんどん広がっていくのみて毎回笑っていました。(施主としてどうなんだろうか。笑)

 天井の色が変わると部屋全体の印象がかなり変わりますので、色や範囲に注意して採用したいところです。

 

番外編:化粧柱

正確にいうと塗装柱(ということはあらわし柱のほうが正しい表現!?)ですが、実はこれもLDKに採用しています。

 

採用にいたる経緯が他のオプションとはだいぶ異なるため、これは別のタイミングで書いていこうと思います!

 

f:id:BONBOOON:20181006111007j:image

 

 

みなさまもうお気づきかと思いますが、昨日の「床編」「三種の神器編」とすべて「LDK」で採用しています。

もう盛り込みすぎで大変なことになっています。笑

とはいえ出来上がったものはさすが設計さん!私たちの好みにぴったりな仕上がりとなっていました。好みは人それぞれですが、それにあった提案をしてくれた設計さんには感謝感謝です。

 

 

 

それでは今日はこのへんで!

 

 

 


スポンサードリンク