イサラの住まい自由帳

住友林業で2018年9月に竣工!家づくり・住まいの備忘録を綴っていきます。

家づくりの第一歩!住宅展示場にいってみよう

ビジネスマンは家のモデルを手にしている 無料写真

 

イサラです!

今回は私たちの家づくりに欠かせない「住宅展示場」の話です。

 

「展示場巡り」は家づくりを豊かにしてくれる!

家づくりを始めてしばらく、私たちの趣味は「展示場巡り」でした。
名だたるハウスメーカーには一通り行きましたし、暇さえあれば見学会や各支店(営業所)にも行ってみました。(すみりんとの契約後もやってました。笑)

 

新しい家って楽しいしワクワクする!

 

いろいろな家づくりに触れることができて、それは楽しい経験でした。

 

f:id:BONBOOON:20181010232350p:plain

 とはいえ家づくりを充実させたいなら、楽しいだけじゃなくてちゃんと自分たちの住まいに向き合っていかなければいけないわけです。

 

私たちも家づくりで後悔したことや失敗したことはたくさんあるのですが、大体の場合「知らなかったから」という感じです。

知らないとそもそも検討すらできないわけで、一生に一回かもしれない家づくりをそれで終わらせちゃうには少しもったいないなと思うわけです。

 

そこで展示場がすごく役立ちます!

要はオプションとか提案工事とかをいっぱいやってるので、家づくりにはこんな可能性もあるよって見せてくれるわけです。

まぁ知らないほうが幸せなこともあるわけですが。。。(金額とか)笑

 

せっかく家づくりをするならできる限り自分で決めたいじゃないですか。決めるには事前に選択肢になければいけないわけで、その選択肢を増やしてくれる。

 

展示場にいく一番のメリットは

「家作りの選択肢を広げてくれる」

ことにあります。

 

実際に展示場にいってみよう!

f:id:BONBOOON:20181010231611p:plain

みなさん住宅展示場ってどんなイメージですか?

いろいろなブログを読んでいると、

「自分たちに都合のいいことしかいわない」

「うまく丸め込んで契約させようとしてくる」

という感じで、かなりネガティブな内容が書いてあることも少なくありません。

 

。。。正直間違っていません。実際にそれで私たちの家づくりもしょっぱなで失敗しています。笑

いかんせん話を聞くこちら側が情報不足なので、なにを聞いていいかもわからず、いい話ばかり聞かされるというケースが多いかったです。

 

特にはじめての見学時には、どうしてもその場の雰囲気にのまれて、営業さんのペースになりがちです。

「まぁ話聞いてやるかな」ぐらいの気持ちでいれると、楽しい展示場デビューになると思います。

 

ただ一点だけ、アンケートを書かない。これだけは必ず守って下さい。

 ある程度の知識と情報を増やしてから営業さんと会話して、この人なら!と思ったら始めて次のステップに進んでも遅くはないかと思います。

 

 

できる限りたくさん見てみよう!

f:id:BONBOOON:20181010133737j:plain 

展示場にいくとだいたい最初に聞かれます。

「〇〇(会社)の展示場は初めてですか?」

「すでにお話されている(営業)担当はいますか?」

 

その時の模範解答はこれです。

「い、いえ。。。た、ただ見に来ただけなんですが。。。」

 

これでOKです!

とてつもなく暇な営業さん以外は、積極的にアプローチしてくることはありません。ストレスなく見て回れます。笑

大事なのはたくさんの家づくりにふれて選択肢をふやすことなので、これで全然問題ありません。

もちろん、質問がある場合には積極的にしてもいいと思います。

住宅ローンの手続きや契約〜完成といった流れがどういったものかは、一度ハウスメーカーからも説明を受けておいて方が後々スムーズかもしれません。

 

 

次回もモデルハウス巡りで学んだことの続きを書いていきたいと思います!

それでは今日はこのへんで!

 

 


スポンサードリンク