イサラの住まい自由帳

住友林業で2018年9月に竣工!家づくり・住まいの備忘録を綴っていきます。

住宅展示場にいく3つのメリット

 

イサラです!

昨日に引き続き、住宅展示場の話です。 

 

前回簡単にふれましたが、イサラ家が感じた住宅展示場へいくメリットを紹介していきます!

後々自分がものすごく参考にした住宅展示場を紹介したいがために、こんなことを書いています!笑

 

 

 

1:家づくりの選択肢が増える

f:id:BONBOOON:20181012234018j:plain

家づくりの満足度を高めるには「自分で決める」ことが重要です。

そのためにはいろいろな情報を仕入れる必要があるのですが、一番確かな情報は直接みて確かめることです。

 せっかくなので展示場で確認してみてください!提案工事モリモリの家ばかりですので、きっと一か所くらいはビビッと来るはずです!

 

ちなみに我が家では 、小屋裏への動線を固定階段にしました。

小屋裏は使いにくいという記事や、そこまで使わないだろというコメントから断捨離されそうになっていたのですが、

展示上で実際に体験して「固定階段にするだけでこんなに違うのか」と感動して結果採用されました。

f:id:BONBOOON:20181012233200j:image

 

たくさんの選択肢が家づくりを豊かにします!

(選択肢を捨てるのも大変なのですが。。。涙)

 

 

注意としては、「空間として大きくとらえすぎない」ことです。

住宅展示場は、大きすぎます。そのままの再現は一般人には不可能です。笑

あくまでもパーツしての雰囲気や空間を楽しむ程度にしたほうが自分の家づくりにも採用しやすいと思います。

  

2:イベントやキャンペーンに参加できる

 住友林業では展示上でイベントを行っています。

 近くの日付だと下記のような感じです。(公式のホームページから確認できます。)

f:id:BONBOOON:20181012165033p:plain
https://sfc.jp/ie/event/

 

これとは別に「すまい博」っていうのも定期的にやっているのですが、こちらは協賛企業のショールームやイベントブースがメイン会場なので、家の設備やオプションを見るのにいいと思います。

 

いやいや、いきなりイベント参加とかハードル高い。。。という方もご安心ください!

 

住宅展示場に行くとなにかもらえます。

 

我が家でもぬいぐるみからキッチン用品までいろいろといただいてしまいました。

 

営業さんから説明を受けた時が多かったですが、たまーにサクッとみて、次!と思ったときにくれることもありました。きまぐれの場合もありそうです。
(小心者の私には無理でしたが、聞いたらくれたケースもあったかもしれません。。。笑)

 

ちなみに、我が家がもらったものはこれ!

f:id:BONBOOON:20181012225908p:plain
※きこりんの家 by娘 with 営業さん

うーん。。。

なんかちょっと違うんだよなー。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://public.muragon.com/gnb6gmll/10a7vyq5.jpeg?1492092009000

 

そうそうこれこれ!

このきこりん模型はなかなかもらえないそうですが、「もらえないもの」ほどほしいものはないわけで。。。

 

我が家なら見学ツアーとかでいくらでも使っていいので、くれませんかね。(無理か 笑)

 

 

3:家づくりのイメージを共有する

「意見の不一致(夫婦喧嘩)意見の不一致(夫婦喧嘩)」[モデル:たけべともこ 大川竜弥]のフリー写真素材を拡大

いろんな方のブログを読んでいると、夫婦間で意見が食い違って「夫くんマジセンスないいわーイライラ」という記事をわりと見かけます。笑

ブロガーさんごとに夫婦間の戦争ポイントが違って、読んでいる側としては一番楽しいところなのですが、争わないに越したことはないわけです。

 

ぶつかる理由を考えてみると大きく2つありそうです。

 ・お互いの理想の生活スタイルを理解していなかった

 ・お互いの好みを把握していなかった

 

買い物が洋服なら実際にお店にいって「どうかな」「イイネ!」「微妙。」という会話ができますが、家づくりとなるとそうはいかないわけで、事前に「ほしいもの」のイメージをあわせることはかなり難しい。。。

 

ここでも展示場がすごく役に立って、いろいろな家の雰囲気や内容をたくさん見ることで情報をふやしていくわけです。

展示場自体がショッピングモールみたいな感じですね。笑

 

いろんな家づくりのかたちを見ながら

「これは絶対うちにほしいね」「あれもポイント高いね」

「これは私たちの趣味じゃないね」「んー嫌いじゃないけどね」

といった感じでどんどん具体化していけば、自然と夫婦の間で「共通の家づくり」のイメージができてきます。

 

まぁ最後に譲るのは、夫の役目なんですけどね。笑

 

 

 

それでは今日はこのへんで!

 


スポンサードリンク