イサラの住まい自由帳

住友林業で2018年9月に竣工!家づくり・住まいの備忘録を綴っていきます。

【間取り】2階の間取り紹介

f:id:BONBOOON:20181021132118p:plain

 

 

イサラです!

 

 

前回の続いて間取り紹介です。 

 

2階の間取りをお披露目するのは初めてです!

理由はなにをかくそう・・・

 

対して面白くないから!(設計さんに失礼やぞ!) 

 

というのは冗談で、理由は最後の最後まで階段周りが決まらず、間取りが確定しなかったためです。

 

それでおこったトラブルはこちら↓

 

そんなこんなありながらも、最終的には私たちの生活スタイルにあった間取りとなりました。

 

 

洗濯・脱衣・洗面室

2階は1階を広々と使うために持っていけるものは全部2階に配置してもらいました。

最近ではそこまで珍しくないことですが、水周りを全部2階というのは家事動線としてすごく理にかなっているとおもいます。

 

洗濯→(2階にあがる)→干す→乾く→しまう→着る→脱ぐ→洗濯→(2階にあがる)

(2階にあがる)を無くすことで、日々の家事を楽にできるかなーとまだしたことはないですが、妄想しています。笑

 

 

脱衣室という名の物干し部屋

f:id:BONBOOON:20181024232831j:plain

 

洗濯干しについて、ここは明確に意見の別れるところですが、

我が家は「室内干し派」です。画像はなんだったのか・・・

室内でガンガンに除湿乾燥機をかけながら干したい派です。

 

プラン作成時、ベランダは早々に断捨離されました。

天気が悪いだけですごく損した気分になる・・・洗濯という家事を天気に左右されたくないなーというイサラ家の思いが脱衣室を大きくしました。笑

 

我が家にとってはこれが最善の洗濯(選択)でした。

 

 

代わりといってはなんですが、電動の物干し竿昇降機をビルトインでつけました。

大きなタイプをつけたので、物干しスペースとしては問題ないはずです。

  

こんなやつ(もう少しかっこいい名前はなかったのかな・・・笑)

 

  

洗面コーナーはあえて分離

プラン作成中に、とある方のブログで「洗面室と脱衣室をわけたらひとつの部屋が狭すぎて使いづらい」という記事を目にしました。

 

 たしかに我が家も二つにするほどのスペースはない・・・というより優先するべきは脱衣室兼物干しスペースを広くとって、家事効率をあげること!

 

ということで独立したスペースは設けず、ホール側にだしてみました。

サイズは1,200と少しだけ広めです。 

 

冬寒くないかなーとかネガティブな想像ばかりしています。笑 

 

ホール:という名のなんでも空間

2階ホールで1階LDKをキレイに保てるか

ホールをなにに使おうかということは明確に決めていません。

子供が小さい時はちょっとした遊び場として。

大きくなったら本や漫画を読んだりちょっとした運動くらいならできるかなーと思っています。プラン作成時には机を作りつける案も出たのですが、あえていじることをやめました。

 

柏木工のケイウィンザー(ミニソファー)を置くという野望もあります。笑

 

一方でこのホールには役割(願望)があります。

 

1階はくつろぎの場として、ものは最小限にとどめたい。

とはいえ家族の趣味を制限するようなことはしたくないなと思っています。私はまだ断捨離に関しては悟りを開ききれていないので、ものを増やさないという選択肢を選ぶことはできません。

 

なので、1階がものであふれないよう「ものを止める」ことをこの空間の目標にしたいと思っています。

 

吹き抜けで2階も快適空間に

階段部分から小屋裏壁(居室の手前)までを吹き抜けにしています。

小屋裏までの空気の流れを作りたかったというのは後付けで、広かったらホールとしての居心地もいいんじゃないかなという単純な理由からでした。

 

f:id:BONBOOON:20181021132121p:plain

 

サブリビングとはとても呼べる広さでも環境でもありませんが、家全体のつながりを感じながらも個人の趣味を楽しめる空間をつくりたいという思いを、形にできたかなとは思います。

 

あえて紹介を省きますが、小屋裏は「倉庫」です。笑

 

 

 

 

 

 

3回におよんだ間取り紹介もこれで終わりです。

いかがでしたでしょうか、少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

それでは今日はこのへんで!

 

 


スポンサードリンク