イサラの住まい自由帳

住友林業で2018年9月に竣工!家づくり・住まいの備忘録を綴っていきます。

リビング床の仕様と現状と後悔(!?)ポイント

どうも!イサラです!

いつも読んでいただきありがとうございます!

入居から1年半たったイサラ家の床の状況についてお話させていただきます。

 

床材の仕様

イサラ家のリビング床は、朝日ウッドテックの「ライブナチュラルプレミアム」の「ブラックウォルナット」です。

 

住林に決めた方でウォルナット床にひとめぼれした!という方も少なくないと思いますが、私もご多分にもれず展示場を見に行って早々にウォルナットに決まりました。笑

 

f:id:BONBOOON:20200712221110p:plain

https://www.woodtec.co.jp/products/lineup/flooring/livenaturalpremium/standard/ 

 

「挽き板」と「突き板」

朝日ウッドテックには、「ライブナチュラルプレミアム」と「ライブナチュラル」の二種類があります。

前者が「挽き板」で、後者が「突き板」なのですが、家づくりを検討していない方にはそもそもなんのことだかわからないと思います。

一言で両者の差を説明するなら、それは「表面の木材の厚さ」です。

 

f:id:BONBOOON:20200712224211p:plain

【参考】https://www.woodtec.co.jp/products/lineup/flooring/

 

挽き板は厚さ2mmの無垢材を使用しており、突き板よりも厚さがあるため木の質感や特徴をより感じることができるようになっています。

 

いや!木の質感を大切にしたいなら無垢材一択でしょ!となりそうなものですが、反りや床鳴りといったデメリットもありますし、なおかつイサラ家のリビングは床暖房導入が前提だったので、最初から無垢材は対象外になっていました。

 

住林の標準やライブナチュラル(突き板)からするとややお値段が上がるものの、木の質感や雰囲気を大切にしつつ床暖房が使えるという点で、我が家の床材としてはこれ以上ない選択肢でした。

人によっては中途半端じゃない?と思う方もいるかもしれませんが、最後は本物みてみてください。

 

マジで、惚れます(笑)

 

ライブナチュラルプレミアムの一番いいところが、色の薄い白太という部分があるところなんです。

 

f:id:BONBOOON:20200712233127j:plain

(引き渡し直後にとった我が家のリビング床です。)

天然木の質感と美しさ、床暖対応で変形にも強いという機能面もあわせ持った最強床です。

新宿にショールームがあり、実際に私は床材確定までに2回も足を運びました!
気になる方はぜひ行って、直接触って体感してみると良いです!

 

(2020年7月現在 予約制になっているようです。気をつけてください!)

https://www.woodtec.co.jp/products/showroom/tokyo/

 

そんな我が家の現状とは…

それでは早速イサラ家のリビングを紹介しましょう!

ででんとesticのソファーが鎮座していますが、ルンバにしっかり掃除してもらうためにラグなどは引かず、ローテーブルなども置いていません。

f:id:BONBOOON:20200712183157j:plain

 

 

一見綺麗に使っているように見えるでしょう?(そうでしょう?笑)

ところがどっこい、近づいていくと…

 

f:id:BONBOOON:20200712183029j:plain

とくに変わった様子は…

f:id:BONBOOON:20200712183300j:plain

(これ以上はダメだ…チカヅクナ…)

f:id:BONBOOON:20200712182938j:plain

(…)

 

はいその通りです!床は傷だらけ、と言うよりは凹みだらけになっています!

まぁこれに関しては挽き板を、というより床材を木にした時点でいろんなブログで報告されていたのである程度は覚悟していたのですが…やっぱり悲しくはなります!

 

イサラ家の場合には人が集まるソファのL字部分からスマホやおもちゃが、あれよあれよという間に落下していき、入居から半年は泣いていたもののすぐに慣れ(諦め)ました。

 

f:id:BONBOOON:20200712235646p:plain

イサラ家の格言①

「家は、減るもの」

 

今後も極力気をつけたいとは思いますが、しょうがない部分はあるのでそこは覚悟して採用してください!しばらくしたら補修してどの程度綺麗になるかも試して見たいです!

 

 

f:id:BONBOOON:20200713000756j:plain
(うぅ…すまぬ床よ)

 

一方ダイニング・キッチンにはタイルを採用しているのですが、傷や凹みという点では本当にストレスフリーです!

そう行った意味では適材適所に床材を採用できたのかなと思います。


f:id:BONBOOON:20200712183006j:plain

 

 

 

 

久しぶりに書くと書きたい内容ばかり浮かんではくるものの、文章化することに慣れていなくてもどかしいですね。笑

 

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございます!

それでは今日はこのへんで!

 


スポンサードリンク